このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
コーヒーを嗜好品から健康志向品へ
100% Pure farm to cup
カフェインの構造(イラスト)
刻印

カフェインについて

カフェインには、
眠気を覚まして集中力を高める効果や利尿効果、
多くの医薬品の一成分として処方されている薬理効果等があります。

しかし、プラスの効果だけではないので正しい知識を学んでいきましょう。


カフェインとは?
コーヒー豆、茶葉、カカオ豆など
天然に含まれている食品成分。

これは、昆虫や鳥にとってカフェインは毒物であり、
実や葉を食い荒らされるのを防ぐ効果があるためと考えられています。

コーヒー・お茶・チョコレート・コーラ等のカフェイン含有食品写真

コーヒー飲料、緑茶・ウーロン茶・紅茶等の各種お茶、ココアなどの飲料や、チョコレート等の加工食品にもカフェインは含まれる。さらに、コーラや栄養ドリンクなどの飲料にも含まれている。

様々な薬の写真

風邪薬や頭痛薬等、様々な薬にカフェインは使用されています。
カフェインがあることでその他の成分の薬効が上がることや副作用が低減されることが分かっている。

カフェインが苦手。
とは?

コーヒーによる体調変化のイラスト

カフェインが苦手だからコーヒーが飲めないという方の中に、

コーヒーを摂取するとお腹が痛くなるが、様々な種類のお茶やチョコレート、コーラなどのカフェイン含有食品を摂取しても問題のない方がいらっしゃいます。

焦げは体内にて異物だと判断し排出しようとする事から、私たちはコーヒーの焦げや鮮度に本当の原因があるのでは?と考えています。

カフェイン=コーヒー
という思い込み。

「カフェイン=コーヒーではない」写真

”コーヒーが飲めない”から、”カフェインが苦手”ではありません。

カフェイン耐性が全くない場合には、茶やチョコレート、コーラなどでも反応が現れます。

カフェイン=コーヒーではありません。

主なカフェインの効果

覚醒作用写真

覚醒作用

脳内にある眠りを誘う受容体(アデノシン受容体)と結合し、アデノシンの働きを抑えることで脳を覚醒させる作用があります。

利尿作用イラスト

利尿作用

血液の流れが良くなり、栄養の運搬が促され、その結果として利尿作用が起こります。

カフェインは一時的に血圧を上昇させる傾向にありますが、尿の量を増やし血液の中から余分な水分を減らすことで、血圧を下げる効果も期待できます。

脂肪燃焼作用写真

脂肪燃焼作用

基礎代謝が上がり、脂肪を遊離させ内臓脂肪並びに皮下脂肪を燃焼することが分かっています。運動前に摂取することでより効果が高まります。

カフェイン過剰摂取
の悪影響

エナジードリンク等
の過剰摂取で死に至ることも

適量を取ると疲れが取れたり、良い効果が豊富にあるカフェインですが、大量のカフェインを含有しているエナジードリンクやカフェインを単一で抽出したサプリによって、身体に悪影響があることが分かっています。

大量に並べられたエナジードリンクの写真



しかし、

過剰摂取についての悪影響は
カフェインだけではありません。

ビタミンを
摂取しすぎた場合

ビタミン剤の写真

人間の身体を車に例えるとビタミンはエンジンオイル(潤滑油)の様なものです。

車を動かすガソリンは糖や脂肪やタンパク質です。ビタミンはガソリンのように燃料になるものではありませんが、潤滑油がないと車のエンジンは上手く回転しません。

しかし、過剰摂取によって様々な症状が現れることが分かっています。

ビタミンA‥食欲不振・悪心・嘔吐・脱毛・発疹等。
ビタミンD‥食欲不振・頭痛・口渇等の他、血液中のカルシウム濃度が高くなり腎臓や血管等にカルシウムが沈着。
ビタミンK‥下痢・悪心・嘔吐等。
ビタミンB2‥しびれやかゆみ等。
ビタミンB6‥手足のしびれや痛み等の神経障害や感覚障害、腎臓結石ができる可能性。
ナイアシン‥全身のかゆみや皮膚の炎症等。更に症状が進むと肝機能障害、劇症肝炎も。
葉酸‥発熱、じんましん、神経障害等。更に症状が進むと亜鉛の吸収が悪くなり、味覚障害等。

DHA、EPA、オメガ3系脂肪酸イラスト

青魚などに含まれることで知られるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)も、サプリの定番となった栄養素の一つです。これらは、多価不飽和脂肪酸、あるいはオメガ3系脂肪酸とも呼ばれ、血液をサラサラにする作用や、老化や発がんの原因となる過酸化反応を抑える作用があります。

しかし、大量に摂取すると、死亡率が高くなることが分かりました。

EPAやDHAが体に良い脂肪酸であるのは、疑いようのない事実です。

しかし、特定の成分だけを必要以上に摂取することには弊害が実証されました。

魚の効能は、魚に含まれる(未知の成分も含めた)様々な成分が総合的に作用しての効能といえます。つまり、特定の栄養素だけを取り出して摂取しても、魚を食べることで得られる恩恵を享受できるとは限らず、それどころか、場合によっては健康被害さえ生じてしまうのです。

すべての物質は毒である。毒でないものはない。量が毒か薬かを決める。
どんなに良い成分でも、
摂りすぎてしまえば毒になる。
量を考えて摂取することが大切です。

カフェインの
適量とは?

カフェインについては、世界中の研究機関で最大摂取量の定めが異なっており、各国の差があります。
アルコールと同様に、カフェインも分解速度は人によって異なります。

人によってはカフェイン飲料を何杯飲んでも平気な方もいれば
1杯のウーロン茶でも調子が悪くなる方もいます。

ご自身の体調を考慮し、万が一気分が悪くなられた場合はお医者様に診て頂くことが良いでしょう。

妊娠中の方については、今のところ胎児への影響はハッキリしたことは分かっておりません。
世界保健機関(WHO)によると、1日300mg(オーカーの場合は2パック強)であれば、妊娠中に摂取しても胎児に与える影響は少ないとされています。しかし、妊婦さんの体質によってカフェインの影響具合には個人差があるため、確実に大丈夫ということは明確には言い切れないため心配な方は避けた方が良いでしょう。ただし、どうしても飲みたい方は我慢することで産まれるストレスも悪影響とされているため、身体のメッセージに耳を傾けましょう。

農林水産省による「カフェイン摂取について」は、
こちら


カフェインが苦手だけれど、豊富なクロロゲン酸(ポリフェノール)を摂取する為にオーカーを飲みたい方はこちら

オーカーのカスタマイズについて

▶︎ホーム          ▶︎購入はこちら  
▶︎栽培の考え方       ▶︎コーヒー豆とは    
▶︎コーヒーが持つ成分    ▶︎カフェインについて   
▶︎O CHERの由来      ▶︎カスタマイズ     
▶︎研究拠点         ▶︎O CHER開発者             
▶︎CSR             ▶︎お問い合わせ